ご予約はコチラ メルマガ登録
起業エピソード
トップページ > 起業エピソード

チャレンジすれば
自分のやりたいことを実現できる

  • 私は24歳の時に結婚、そしていろいろとあり35歳で離婚しました。
  • 離婚後は、月に1回の子供と会う日があり、そんな或る日のこと。
  •  
  • 当時小学校低学年の長男とサッカーボールで遊んでいた時です。
  • 上手にボールを蹴ったので、「うまいな、Jリーガーになれるな!」
  • というような褒め言葉をかけたら、これに対して、「無理に決まっているじゃん」
  • という言葉が返ってきました。
  •  
  • 本人としては何気ない発言だったと思います。
  • ただ、まだ無限の可能性のあるはずの小学生の発言とは思えず、私には衝撃的でした。
  • そして、このような発言を自分の子供するということは、
  • 私の生き方が子供にはそう見えていたのだろうと感じました。
  •  
  • 地方の国公立大学を卒業し、そこそこ名が知れた会社に就職し、そこそこの出世。
  • たいして挫折もしていない代わりに、飛び抜けたエピソードもない平凡な生活。
  • 自分では、これはこれとして誇れる人生だと思います。
  • でも、会社や周りに依存している人生。
  • 「自分の人生を自分で選択して生きてきた」と、胸を張って言えない人生。
  •  
  • 子供には、それがなんとなく姿勢として伝わるんだと思いました。
  • また、離婚に至った子供への負い目もあり、これは、父親として生き方を見せる必要性を感じ、
  • 「人はチャレンジすれば、自分のやりたいことを実現できる。」
  • そのことを目に見える形にしたい、証明したいと考えました。
  • それが、起業のきっかけでした。

スマイルボディーのミッション

ミッションとは、任務や使命のことです。つまり、スマイルボディーが果たす役割のことをミッションと言います。
スマイルボディーのミッションは起業に至った想いが色濃く反映されています。

チャレンジし、限界突破する。そして、お客様の人生に良い影響をあたえる。

チャレンジとは、

  • 決意すること
  • 自分を信じること
  • 行動すること

そして、共感し支援してくれる身近な人、お客様に感謝することである。

  • 失敗したということは、その分チャレンジをしたということです。
  • 1回もチャレンジせずに、頭だけで考えて、ムリだろうと行動を起こさないことも多いと思います。
  • 1回のチャレンジだって、充分貴重です。さらに、1回の成功はもっと貴重な体験です。
  • このように、「成功」は多くの失敗の上に成り立っています。なかなか成功しない。
  • だからこそ、夢を追いかけてチャレンジしつづける人に我々は共感し、敬意を払うのです。
  • そんな人を応援したくなりますし、自分も力をもらえます。
  • 勇気づけられて、「自分も」と、行動を起こすかもしれません。
  • それが、「お客様の人生に良い影響をあたえること」になります。

お客様の人生によい影響を与えること

自分の働く姿勢を見て、お客様の人生がどんどん良い方向に変わり始めたら、うれしいものです。
そして、それをきっかけに私自身が、学ばさせていただくことも多くあります。
私にも、そんな経験があります。私が大きく気づきを頂いたエピソードを2つご紹介します。

Story

  • 私が、開業前にある整体院で勤めていた時のことです。
  •  
  • まだ20代なかばの美容師のお客様(仮に、R子さんとします)がいらっしゃいました。
  • 自分の身体にすごく興味があって、ホームケアとしてやっていただきたいこともきちんと守ってくれて、
  • どんどんと改善していくのが私も楽しみでした。
  • でも、ある時を境に、急に来なくなってしまいました。
  •  
  • それから1年数ヶ月が経ち、私が開業した直後のことです。
  •  
  • 同時期に同じ店舗で働いており、また同時期に開業した友人がいました。
  • その友人から、電話がかかってきました。ちょっと興奮ぎみでした。
  • 「R子さんって覚えてる?」
  • ちなみに、友人はR子さんと面識はありません。
  • つまり、友人とR子さんは、この日が初対面です。
  •  
  • 何かのきっかけで、私が勤めていたお店の話になり、私の話になったようです。
  • 友人がいうには、R子さんは、私の施術や説明などを通じて、体のことに興味をもち
  • 親身にいろいろと聞いてくれて、この仕事に興味を持ったとのことでした。
  • そして、今はリラクゼーションサロンで働いているそうです。
  • 施術に来なくなったタイミングで、整体のスクールに通いはじめて、お金も時間もなくなってしまったそうです。
  • なにやら、私に感謝しているようなありがたい言葉をたくさん言ってくれていたようです。
  • それを、友人が私に伝えたくて、その日の内に連絡をくれました。
  •  
  • 私がしている仕事ぶりを見て、お客さまがこの仕事に興味を持ち同じ道を目指してくれる。
  • 私が、この仕事に誇りを持ったきっかけです。

Story

  • 開業後のことです。
  • 今ではだいぶメジャーになった名古屋の栄を拠点としたアイドルグループの方々が、何人か当店に通っておられました。
  • 近くで見ると、やっぱ皆さんすごいんですよね。顔、頭はとても小さいですし、手足は長いです。
  •  
  • そんな時に、事務のお仕事をしているOLさん(仮名:M美さん)がご来店されました。
  • 仕事がらか、そんなに派手な服も着ないということで、どちらかというと地味な印象の方でした。
  • ただ、施術するととてもよく分かるんですね。手足の長さや、顔の大きさなどパーツのバランスの良さが。
  • なのでM美さんには、「某アイドルグループの方々と比べても負けないくらい、同じ均整のとれていますね。磨けば光る原石ですよ」
  • 「M美さんなら、もっと○○みたいな服装もに似合うんじゃないですかね。」などお話させていただきました。
  • もちろん、嘘でもなく、おだてたつもりもなく、本心で言っただけです。
  • ご来店の度にM美さんの本来持っているポテンシャルが活かされていないと思い、
  • 「原石なのに、もったいない!」って、ずっと言ってました。
  •  
  • それから、2~3ヶ月も通っていただているうちに、どんどんキレイになっていくのが、はっきりと分かりました。
  • 服装も変わってきました。おそらく自分の価値に気づき、自信を持っていただいたんだと思います。
  •  
  • 自分に、自信を持つことで、人は変わります。大袈裟でなく、その後の人生が変わります。
  • 本来の自分に気づくことが、どれほど見た目も振る舞いも変わるかを教えていただいた貴重な経験でした。

「お客様の人生によい影響を与えること」

  • それは、お客様のことを想い、寄り添うこととも言えます。
  • でも、この「寄り添う」という言葉は、綺麗で体裁整えるのに便利な言葉ですが、
  • 実践するのは相当大変なことです。
  • 相手の立場になって、本気で良くなってもらおうと心の底から思い、
  • 相手が言ってた言葉なのか、自分で考えたことなのか
  • 分からなくなるまで完全に相手モードにならないと、それは相手に見破られます。
  • だからこそ、スマイルボディーでは中途半端な気持ちではなく
  • 本気でお客さまと一緒になって、どこまでも寄り添っていきたいと考えています。
ご予約 お問い合わせ
pagetop

Copyright (c) 2013 名古屋の美容整体 | スマイルボディー All Rights Reserved.

※プレミアム会員様の決済はコチラ